スクフェスのURにハズレキャラはいる?実用的な性能と回復はイマイチ?

スクフェスのURにハズレキャラはいる?実用的な性能と回復はイマイチ?スクフェス

今回は「スクフェスのURにハズレキャラはいる?実用的な性能と回復はイマイチ?」というテーマで見ていきたいと思います。

URにはスコア、強化、体力の大きく分けて3つのスキルがありますが、強くしたいのであれば一番いいのはスコアのスキルを持つキャラクターとなります。

強化と体力はあまり強くないからと敬遠されてきましたが、数年前に導入されたスクールアイドルスキル(SIS)のおかげで少し使えるようになってきました。

今回はスクフェスのURキャラにハズレとなるキャラはいるのかと、実用的なスキルについて解説していきますので早速見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

スクフェスのURにはハズレキャラはいる?

スクフェスのURのハズレキャラは人によっていろいろだと思います。

強くしたい人にとってはスコア以外のURはハズレですし、推しを集めている人にとっては他のキャラのURであればスコアであろうとハズレになります。

その為一概にこのキャラは使えないからハズレといったことは無く使用目的によってキャラの優位性が異なります。

今回は一般的な「強くしたい」や「ランキング上位に入りたい」というところに重点を置いてみていきましょう。

強くしたい場合やイベントなどでランキング上位を目指したい場合はスコアが当たりで、強化と体力は正直ハズレと言わざるを得ません。

強化はスクフェスが上手であれば必要がないですし、回復も同じくミスしないレベルにスクフェスができるのであれば真っ先に外していいスキルとなるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スクフェスのURで実用的なスキルは?

実用的となると、やはり先ほども書きましたがスコアのスキルを持ったキャラクターになるかと思います。

スコアのスキルを持ったURを集めることで、ユニットが強くなり、イベントなどでもランキング上位を目指すことができ、どんどん上に行くことができます。

強くなりたい人、ランキング上位を目指したい人は頑張って「スコア」のスキルを持ったURを集めていきたいですね♪

スコアはスキレベも上げてあげることでさらに強くなるので、スキレベを上げるのもお忘れなく!!

体力回復持ちはイマイチ?

体力回復のスキルを持ったURはスクフェスが上手な人からしたらハズレのURとなってしまいます…。

とは言え、数年前から導入されたスクールアイドルスキル(SIS)のヒールを使えば回復分×480がスコアになるので、少し良くなりましたね!!

ですが、手っ取り早くユニットを強くしたいと思うのなら体力回復や強化のスキルよりスコアを集めるべきと言えるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ハズレキャラについてユーザーの反応は?


みなさんの反応を見ていると、スクフェスではやはりURの体力回復はイマイチでかなりハズレというか敬遠されているような感じがしますね

推しキャラですら回復だったらいらないといったニュアンスの方もいて少し寂しい気持ちになるのは私だけでしょうか…。

ともあれ、やはり強くしたい人は「スコア」のスキルを狙っていることがここからもよく分かりましたね。

いくらスクールアイドルスキルのヒールがあったとしても、実際スコアには勝てませんから、実用的なスコアURを狙っていくのが上位を目指す近道と言えます。

スクフェスのURにハズレキャラはいる?実用的な性能と回復はイマイチ?のまとめ

今回は「スクフェスのURにハズレキャラはいる?実用的な性能と回復はイマイチ?」というテーマでみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

とにかく強さとランキング上位を目指すならスコアのスキルを持ったURをどんどん増やして育てていきましょう!!

回復や強化は推しキャラで集めるも良しですが、スコアを上げたいと思っているのならハズレとなってしまうのでシールに変える事も有効かと思います。

スコアを優先的に集めた方が効率的となりますのでご自身の目的にあったキャラを選択して育てていきましょう!

ガチャを回したいけどラブカストーンが無くて回せない方いますよね?

ここで特別に無料でラブカストーンを大量に入手できる裏技をあなただけにご紹介致します!

ガチャを回したくても手持ちのラブカストーンが無くて悩んでいる方はこの裏技を試してみる事でたくさんガチャを回す事が出来るかと思いますのでオススメですよ!^^

 

ラブカストーンを無料で入手できる裏技はこちら

 

なおこの裏技は一定期間が過ぎると使用出来なくなる可能性があるのでお早めに試すことをお勧めします!

※リンク切れの場合は終了となります

コメント

タイトルとURLをコピーしました