原神でアルベドの正体は?意味深な発言や異端者の真相をネタバレ解説

原神,アルベド,正体原神

原神の伝説任務”白亜の章”で初登場となったアルベドですが、ガチャで同時実装されたこともあり非常に人気のあるキャラクターとなっていますね。

しかしそのストーリーの中では非常に不穏で意味深な発言もあったのですが、アルベドの正体とは一体何なのでしょうか?

そこで今回は原神の”白亜の章”で初登場となったアルベドの正体とは一体何なのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


アルベドの正体は?

原神,アルベド,正体

では原神のアルベドの正体はどんなものなのでしょうか?

これについてはユーザー間で様々な憶測や検証がされてはいるのですが、ストーリー上ではっきりと明言されてはいないのが現状です。

現在アルベドについて確定で判明している事と言えば、
・西風騎士団の首席錬金術師兼調査小隊長である事
・助手にティマイオスやスクロースがいる事
・師匠の名前がレインドットだという事
という事位でしょうか。

錬金術師としての腕はかなりのものである事はストーリーから読み取る事も出来ますが、それ以上の事はわからない謎の多い人物である事は間違いないでしょう。

スポンサーリンク


意味深な発言の真相は?

原神,アルベド,正体

では意味深な発言の真相は何なのでしょうか?

ストーリーでの意味深な発言を全てピックアップする事は出来ませんが、気になる部分をピックアップして考察していきたいと思います。

~モンドを壊そうとしたら~

白亜の章のラストでアルベドが去っていく主人公を見ながら「もしいつか、暴走する僕がモンドを壊そうとしたら、キミが止めてくれることを期待していいだろうか」と呟いています。

アルベドの性格上あり得ない事を考えるとは思えないので、アルベドが暴走すればモンドを壊してしまう可能性があるという事なのではないでしょうか?

正直現段階で登場しているキャラクターの中でそこまでの力を持っているのではないかと思えるのは璃月の岩王帝君かストーリーで倒しましたが渦の魔神位ではないでしょうか。

つまりアルベドが持つ力は最低でも神クラスの力なのではないかと予想出来るのですが、これは今後のストーリーで判明してくるのかもしれませんね。

~異端者~

白亜の章のストーリー中でモンド西風教会のロサリアがアルベドの事を異端である、という発言をしておりアルベド自身も自分は異端者であるという旨の発言をしています。

しかも主人公が別の世界から来た者だと知っている上で異端者同士気が合うというような発言もしているのです。

つまりアルベドも別の世界からきた人間、もしくはそれに近いような境遇の人間であるという事なのではないかという考察が成り立つのです。

スポンサーリンク


アルベドに対してユーザーの反応は?

アルベドは全体を通して何らかの意味があるのではないかと思えるようなセリフが多いので、ユーザーの中にも気になっている方が多いようですね。

主人公に対する反応も何となく意味深に感じますし、錬金術師としての能力が高すぎるのも異端と言えばそうなのかもしれません。

様々な考察が出来るところがあるのですが、正直現状では情報が足りないので今後のストーリーで明らかになる事を期待したいですね。

スポンサーリンク


原神のアルベドの正体についてのまとめ

この記事では原神のアルベドの正体についての解説をまとめてみたのですが参考になりましたでしょうか?

この記事の内容をまとめると

・アルベドの正体は現時点ではわからない

・意味深な発言や異端者の真相も今後のストーリーに期待

という結論になりました。

原神にはまだ様々な謎があるのは事実なのですが、ここまで発言が謎めいているのはアルベドだけとすら言えるでしょう。

今後ストーリーが進んでくればわかってくる事も多いでしょうから、非常に楽しみになってきますね!

コメント

  1. 匿名 より:

    以前、クレーの父親説などごく一部で噂がありましたが…(クレーを作った人等)お兄ちゃんと言わせてるだけ説アルベドのクローンを作り本物は雲隠れ等など…今後のアルベドの話が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました