FGOでスカサハ祭りで伝説級の高速周回おすすめパーティー編成は?

FGO,スカサハ祭り,伝説級Fate Grand Order

FGOのボックスガチャイベント”影の国の舞闘会 “、通称スカサハ祭りでは最高難易度の伝説級が交換素材とボックスガチャ用素材もドロップするので周回しているマスターが多いようですね。

しかしシステムを警戒したとしか思えないようなエネミー構成になっているので、高速周回の難易度は中々高めとなっています。

そこで今回はFGOのスカサハ祭りで全ての交換素材がドロップする伝説級を高速周回できるパーティー編成はどうなるのか解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

スカサハ祭りの伝説級を高速周回できるパーティは?

FGO,スカサハ祭り,伝説級

ではスカサハ祭の伝説級を高速周回出来るパーティはどのようになるのでしょうか?

装備する礼装と合わせて表にしてみました。

サーヴァント礼装
アーラシュカレイドスコープ
カーマ掲げるは我が心
アルトリア・キャスター(サポート)掲げるは我が心
アルトリア・ペンドラゴンハロウィン・プリンセス
マーリン掲げるは我が心
マシュ・キリエライト掲げるは我が心

1ターン目はアーラシュの宝具、2ターン目はアルトリアキャスターのNP配布にカーマの宝具、3ターン目はオダチェンしてのマーリンのバフにアルトリアの宝具で突破可能です。

因みにサポートをアルトリア・キャスターにしていますが、役目としてはカーマにNP50%配布するだけなので諸葛孔明やスカサハ=スカディでももちろん代用可能でしょう。

このパーティならポチ数も少ないので、高速周回を目指すのには非常に向いているパーティだと思いますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

伝説級は効率がいいのか?

FGO,スカサハ祭り,伝説級

ではそもそも伝説級は効率がいいのでしょうか?

これについては交換素材を集めるなら効率がいいのですが、ボックスガチャが目的なら英雄級の方が効率は上だと思います。

実はボックスガチャを引く為の戦士の名札は伝説級と一つ下の英雄級でドロップする量にはほとんど差がありません。

その上で比較してみるとエネミーの編成的にキャストリアシステムを使用出来ない伝説級と比べればシステムを利用可能な英雄級ならイベント礼装を6積み可能なのです!

まれに伝説級でも6積みしているマスターもいるのですが、使用しているサーヴァントが聖杯必須だったりするので現実的には英雄級の方が効率がいいと言えるでしょう。

ボックスガチャイベントに対してユーザーの反応は?

ボックスガチャイベントはFGOのイベントの中でも最も周回に力が入るイベントなので、全力で周っているマスターも多いようですね。

素材集めはボックスガチャのみで賄っているというマスターもいる位なので、目標としているボックスガチャの箱数も非常に大きいマスターもいます。

今後解放される2期3期が今より効率が上がってくるかはわかりませんが、1期は中々周りやすいので今の内に戦士の名札を出来る限り入手した方がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

FGOでスカサハ祭りで伝説級の高速周回おすすめパーティー編成は?のまとめ

この記事ではFGOでスカサハ祭りで伝説級の高速周回おすすめパーティー編成は?についてまとめてみました。

今回の記事の内容をまとめると

・伝説級を高速周回するには人権鯖が最低でも2騎は必要

・ボックスガチャ目的の効率を考えれば伝説級より英雄級が優れている

という結論になりました。

ボックスガチャは周回効率が命ともいえるので高速周回出来るパーティ編成は非常に重要になってきます。

今回紹介したパーティは編成難易度は高めですがポチ数が少なく高速で周回出来るので是非試してみて下さいね。

ここで聖晶石が大量に欲しいへ特別に無料で大量に聖晶石を入手できる方法を限定公開します!

簡単に聖晶石を入手する方法は「課金」しかないと思っている方は多いですよね?

しかし、「課金し続ける事はキツイ・・・」と感じていませんか?

私は課金を続ける事が困難になってきたのでお得にガチャを回す方法は無いか?とリサーチした所、>>無料で聖晶石をゲット出来る裏ワザを見つける事が出来ました!

この裏ワザは、今ならキャンペーンを行っており最大5000円分以上の課金ポイントを入手する事も可能となっていますので今スグに登録をしないと損してしまいますよ

登録後に、簡単なアンケートの回答などでさらに効率良く稼ぐことが出来ますのでやるしかありませんね!

詳しい詳細は以下のボタンをクリック!!

\SNSアカウントやメールアドレスで簡単登録/

無料で聖晶石を入手できる方法を試してみる

ΔΔ最短30分で聖晶石をGETΔΔ

コメント

タイトルとURLをコピーしました