ウマ娘で育成失敗を最短で判断するには?やり直しの判断基準を解説

ウマ娘 育成失敗 やり直しウマ娘 プリティーダービー

皆さんはウマ娘の育成途中で諦め、育成を再度やり直すことはありますでしょうか。

何度もやる気ダウンイベントが発生してしまったり、トレーニングに失敗するとこちらのやる気もダウンしますよね。

しかし、次の夏合宿で挽回できるはず…大成功すればなんとか…とズルズルと最後まで続け、結果的に育成失敗…という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ウマ娘で育成失敗を最短で判断する基準についてまとめました。

スポンサーリンク


育成失敗の判断方法

ウマ娘 育成失敗 やり直し

では、育成の失敗を判断するための基準や方法はあるのでしょうか。

残念ながら結論から述べますと、明確に失敗を判断する基準はありません。

人によってどの程度の状態を育成失敗と判断するかは大きく変わってきます。

初心者か、もしくは熟練のトレーナーかでも変わるでしょう。

こればかりは何度も育成を行い、どういったタイミングで判断するべきかを感覚で掴んでいくしかないかと思われます。

ただ、判断基準とするための材料はいくつかあるため、次の見出しで紹介していきましょう。

スポンサーリンク


やり直しの原因となる状況

では、育成失敗ややり直しに繋がりかねない状況や材料について紹介していきます。

トレーニング失敗

ウマ娘 育成失敗 やり直し

トレーニングは体力の残量により一定の確率で失敗します。

トレーニングに失敗するとイベント「お大事に!」もしくは「無茶は厳禁!」のイベントが発生します。

下選択肢を選ぶことで一定確率で「練習上手〇」を得られますが、基本的にはどちらの選択肢を選んでもステータスがマイナスされ、やる気がダウンします。

特に「無茶は厳禁!」イベントはやる気が3段階ダウンするため、好調状態でも強制的に絶不調状態まで落とされることになります。

この状態になった場合、序盤であればある程度なんとかなりますが、中盤以降のトレーニング大成功や夏合宿での上振れを狙うタイミングだと持ち直すのが大変であるため、ステータスによっては育成失敗と判断して最初からやり直すのもよいでしょう。

やる気ダウンイベント

ウマ娘 育成失敗 やり直し

育成を進めていると確定でやる気が下がるイベントが発生することがあります。

このイベント単体だとやる気が1段階ダウンする程度ですが、バッドコンディション持ちの状態などでこのイベントが発生すると連鎖的にやる気がダウンすることもあるため、危険です。

不調まで落ちた場合はお出かけなどでやる気を上げると良いです。

こちらもステータスや現在の経過ターンで失敗を判断することになるでしょう。

バッドコンディションイベント

ウマ娘 育成失敗 やり直し

育成途中で特定の確率によってバッドコンディションを獲得してしまうイベントが発生することがあります。

このバッドコンディションはその全てが育成に悪影響を及ぼしかねないものであるため、獲得してしまった場合は必ず保険室を利用して治しましょう。

ただし、保健室に行っても治らず、余分にターンを消費してしまうこともあります。

この場合も自身の状況によって失敗かどうかを判断することになるでしょう。

あんしん笹針師

ウマ娘 育成失敗 やり直し

あんしん笹針師は育成中にランダムで安心沢刺々美が出現し、育成中のウマ娘を強化するイベントです。

選択肢はいくつかあり、成功すればスキルや有利なコンディションを獲得することができますが、失敗した場合は選択肢によっては体力減少ややる気ダウンだけでなく、バッドコンディションまで獲得してしまうため、注意が必要です。

序盤であれば比較的立て直しがしやすいため、強化を狙ってみても良いですね。

育成が進むほどハイリスクになるため、よく考えて選びましょう。

スポンサーリンク


育成失敗に関してユーザーの反応

上振れしなかったり、バッドコンディションを獲得してしまったりと上手く行かないとどうしてもモチベーションが下がりますよね。

何度も何度も失敗した先に成功することを信じて、育成を行うのがよいでしょう。

スポンサーリンク


育成失敗の判断方法まとめ

この記事では、ウマ娘で育成失敗を最短で判断する基準についてを解説しました。

まとめると以下のようになります。

  • 育成失敗の基準は人によって異なる
  • やる気ダウンやバッドコンディション獲得は育成失敗の元
  • あんしん笹針師のイベントは序盤なら狙うのもあり

ウマ娘の育成は立ち回りも非常に重要ですが、運によって左右される要素も非常に多いです。

あまり深く悩まず、何度も育成を行って上振れのチャンスを獲得しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました