FGOの5.5章ネタバレまとめ!ストーリーの内容や攻略解説!

FGOの5.5章ネタバレまとめ!ストーリーの内容や攻略解説!Fate Grand Order

この記事では、FGOの5.5章ネタバレまとめ!ストーリーの内容や攻略解説!についてまとめています。

とうとうこの時がやってきました。1.5部、そして2部と、今まで散々カルデアを邪魔してきたリンボとの最終決戦、心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか?

「バトルの難易度はどれくらい?」
「本当に決着つくの?」

などなどの疑問に答える為に、FGOの5.5章ネタバレまとめ!ストーリーの内容や攻略解説!をお届けします!

スポンサードリンク

5.5章のストーリーは?ネタバレ含み語ります!

ようやっとリンボとの最終決戦!と意気込むカルデアは、主人公とマシュ、風魔小太郎、加藤段蔵を送り込もうとします。
ところが、現地に到着できたのは主人公と段蔵のみ。
どうやら妨害があったらしく、マシュと小太郎はカルデアに残されてしまいました。おのれリンボ。
そこで土蜘蛛に襲撃されますが、生前の渡辺綱が助けに入り、撃退。
ところが彼は、サーヴァントを従える主人公を敵とみなし、戦いを挑んできます。

あまりの強さに一時撤退を決めた主人公と段蔵。
その道中、見かねて声を掛けてきた若武者こそが、生前の坂田金時その人でした。

FGO,5.5章,ネタバレそしてこの時代にも、天覧聖杯戦争と言う名の聖杯戦争が今正に行われていたのです。

序盤の序盤でこれだけの情報量です。そして何より、最初から最後まで金時がかっこよくて主人公をしていました。
彼の初出は本来であればFate/Apocryphaなのですが、あまりの主人公力に主人公を食ってしまうということで見送られた経緯があり、それも納得してしまうほどの主人公力です。

序盤から中盤までのストーリー

序盤から中盤までは、天覧聖杯戦争を阻止するために動くことになります。
その中で戦い、言葉を交わすことになる天覧聖杯戦争のマスターとサーヴァント達の描かれ方もとても良く、彼等の絆もまた強く美しい。

FGO,5.5章,ネタバレ
聖杯戦争の中では比較的まともに聖杯戦争をしている印象を受けました。
また、登場する各陣営の描かれ方がとても良かっただけに、渡辺綱の手によって早々敗退した2陣営もとても気になります。

終盤のストーリー

そして天覧聖杯戦争を見事に阻止した主人公達に対し、リンボは亜種空想樹を出現させます。
元々、天覧聖杯戦争で召喚されたキャスターは全て亜種空想樹を開花させるための餌だったのです。
脱落したサーヴァントは計4騎。当然、まだまだ空想樹には魔力が足りません。
なので、リンボは新たに英霊を召喚し、自ら樹へ向かわせその身を捧げさせようとします。

まず召喚されたのは、鈴鹿御前俵藤太
そして、続いて召喚されたのが源氏に強い恨みを持つ平景清であり、源義経でした。
源氏に対してあまりにも強力な力を持つ平景清相手では、いかに源氏武者とて敵いません。

その危機に対し、主人公達は源氏武者と争ってきた鬼達とも手を組んで挑むことを決意。
天覧聖杯戦争のマスターの一人であった酒呑童子を加え、平景清を撃破しました。

安堵したのも束の間、続いてリンボが召喚した存在はあまりに強大な伊吹童子
流石の源氏武者も、そしてサーヴァントですら、伊吹童子には敵いません。
足止めをするのが精一杯で、とうとう突破を許してしまいます。

ですが、リンボはここで自らを人類悪とするために伊吹童子を利用することを選びます。
当然、伊吹童子がそれを許すはずはありません。
両者は決裂し、主人公達はその隙に空想樹へ急ぎます。

辿り着いた主人公達が見たものは、謀られ空想樹に取り込まれてしまった伊吹童子と、勝ち誇るリンボの姿。
が、何時まで経ってもリンボの霊基には変化がありません。
なぜか?
そんなリンボに、安倍晴明が口を開きます。

「人類愛なきものが、人類悪になれるわけがない」

かくして、人類悪になることができなかったリンボは主人公達に敗北したのでした。

リンボが倒された後、エピローグで本当の蘆屋道満を見る事ができるのですが、自責の念に囚われ自害しようとする彼の姿を見ると、確かに彼は人類悪にはなれないなとひしひしと感じました。

人類悪となり、その後カルデアに召喚されたサーヴァントとしては既に殺生院キアラカーマがいますが、カーマはインドの愛の神であり、そして殺生院キアラは自己愛がありました。
リンボには、他者への愛はもちろん、己に向けた愛もないということ。
筆者は、リンボに対しては1.5部や2部でのアレコレで恨みがありますしリンボのしてきたことは消えないと思っているのですが、自己愛すらないという部分に頭を抱えてしまいました。

あと、5.5章はあくまで泡沫の夢であるという事実も辛いなぁとなりましたね。
5.5章にあった鬼と人間の共闘は汎人類史ではあり得ず、源頼光達の手によって鬼は滅びます。
リンボという絶対悪があり、主人公はがむしゃらに戦い抜くことができましたが、プレイヤーには2部の別章と同じく苦さが残る物語であり、そこも含めて5.5章なのだなと思いました。

FGO,5.5章,ネタバレそれでも、読了感はかなりさっぱりとしていて、「めでたしめでたし」で終われる話でしたね。

スポンサードリンク

バトル難易度はどのくらい?攻略方法は?

難易度については、オリュンポスを走破しているマスターであれば問題なくクリアできる難易度になっています。
また、5.5章実装前のキャンペーンで配布されたコンテ用アイテムがあるため、コンテする場合でも石を割らないで済むようになったので、その点でもかなり優しいと言えます。

ボス級との戦闘になるとギミックが組まれているのは今までの章通りではありますが、前述した通りオリュンポスよりは大分優しくなっているなという印象です。

そうは言っても、強敵揃いなことに変わりありません。
そこで、特に難しかったバトルの攻略法をご紹介します。

渡辺綱&メディアリリィの対処法

FGO,5.5章,ネタバレ渡辺綱の行動を封じて全体宝具を叩き込め!

渡辺綱は、50%のダメージカットをもっています。3ターン持続な上、メディアリリィが健在である限り何度も張り直されてしまう曲者。
そのため攻撃によっては全くダメージが通らず、しかもメディアリリィによって回復されてしまうので、どうしてもバトルが長引いてしまいがちに。

また、1度目のブレイク後は2ターンで宝具を使用してきます。
渡辺綱の宝具は単体宝具ではありますが、短期間での連続使用は驚異の一言。
あっという間に戦線を乱されてしまうので、長期戦よりは短期戦を挑むべきです。

さらに、2度目のブレイクではHP10000回復のガッツを付与してきます。
ガッツ発動時には、1ターンの回避付与とチャージMAXになってしまうので、必中・無敵貫通で何とかそのターンでケリをつけたいところ。

なので、綱とメディアリリィどちらかを先に倒すのではなく、状態異常で綱の行動を封じつつ、全体宝具で一気に削ってしまうのが一番楽な攻略方法と言えます。
単体宝具であれば、セイバーに有利を取れる上、男性特攻と魅了が刺さるエウリュアレがオススメです。

鈴鹿御前&俵藤太戦の対処法

FGO,5.5章,ネタバレ FGO,5.5章,ネタバレ宝具を使用させた後を見計らい、一気にダメージを与えよう!

鈴鹿と俵藤太戦で何が厄介かといえば、80%ものダメージカット。しかもこれは永続付与であり、ろくにダメージを与えることができません。
その代わり、戦闘開始時に味方全体への5ターンもの攻撃力バフと、マスタースキルチャージ2倍の永続バフが付与されます。

また、鈴鹿と俵藤太が宝具を使用すると、次ターンで鈴鹿と藤太に特殊耐性と防御ダウン100%という強烈なデバフが付与されます。
持続は1ターンのみとなりますが、非常に強力なデバフであり、このタイミングに合わせて宝具を叩き込めば、高ダメージを与えることができます。

鈴鹿はセイバー、俵藤太はアーチャーなので、チャージターンが1ターン異なりますが、マスターのガントやサーヴァントの状態異常でタイミングを合わせるようにし、敵側の宝具発動ターンに全体無敵などで凌ぐようにしましょう。
ただ、鈴鹿が使用するチャージ増加には注意。
これでこちらのタイミングを狂わされてしまう場合があります。

ブレイクされると、俵藤太は最大HPの増加、鈴鹿は毎ターンチャージ増加とクリティカルアップが永続で付与されますので、ブレイク後は速攻に撃破するようにしましょう。

平景清戦の対処法

FGO,5.5章,ネタバレ強化解除と必中貫通スキルを使って、有利にすすめよう!

平景清は、宝具攻撃への防御ダウンというデバフが付与されています。
よって、宝具の方がダメージを与えやすいですが、通常攻撃でも十分にダメージを与えることはできます。

1ブレイクすると、1ターン回避とクリティカルアップを使用してきます。
この回避は強化解除スキルで剥ぎ取ってしまいましょう。

そして、2ブレイク目が厄介。
敵味方のチャージをMAXにしてきます。
一見、味方側もMAXになるのならこちらは回避や無敵スキルを使って宝具を使用すればいいのではないか、とも思えますが、平景清の宝具は、強化解除をした上でダメージを与えてくる厄介なもの。
無敵や回避はおろか、ガッツすら発動することはできないのです。

なので、必ず自ターンの際にスタンなどの行動不能状態にしてしまいましょう。

また、通常スキルで3ターン2回の回避、3ターン1回のガッツも使用してきます。
なのでここでも、強化解除、あるいは必中貫通スキルが役に立つでしょう。
ガッツの回復量は1000と小さいので、カードを連続させないように選択すれば難なく勝つことができます。

伊吹童子戦の対処法

FGO,5.5章,ネタバレ無敵貫通礼装を装備したサーヴァントで戦おう!

伊吹童子戦こそ、5.5章の一番の難所と言っていいでしょう。
その理由は、開幕からターン終了時にクイック・アーツ・バスターの全カードはおろか、クリティカルと宝具に対する無敵(各1回/5ターン)を付与してくることにあります。
毎ターン付与してくるので、どんどんと無敵が重なっていくのです。

なので、無敵貫通礼装は必須
少なくともメインアタッカーには装備させるようにしましょう。

また、開幕ターンと5の倍数ターンにスキル封印・攻撃デバフを使用してきます。
これについてはタイミングがわかっているので、先に対処しておきたいですね。

1ブレイクで伊吹童子の宝具が使用可能になり、2ブレイクすると、それまで付与していた無敵が全て解除されますが、解除した無敵の数だけHPが増大します。
また、伊吹童子の宝具は無敵貫通持ちの全体宝具。幸い、火力自体は高くないので万全の状態であれば1度は凌げることができます。
防御バフ・ダメージカット付与で被ダメージを軽減するのもよいでしょう。

また、開幕から5ターン以内に2ブレイクすると、味方側のNPを吸収し、即宝具を放ってくるので注意。
ターン数に気を配りながら戦いましょう。

リンボ戦の対処法

FGO,5.5章,ネタバレデバフを解除しながら速攻勝負を仕掛けろ!

まず、注意点。
このバトルにおけるリンボの特性は本来のものから変更されており、「人類の脅威・神性・超巨大」が当てはまります。
見かけは男性ではありますが、性別不明であるので性別による特攻・スキルも効果はありません。

また、このバトルではオリュンポスのゼウス戦と同じく、マスタースキルの代わりに大具足スキルを使用することになります。
効果は以下の通り。

スキル効果
神剣抜刀【CT5】
敵単体に約2万ダメージ
+味方全体の宝具威力アップ(1ターン)
発揮陽々【CT3】
味方全体の弱体を3つ回復
+味方全体のHPを4000回復
正義推参【CT7】
味方全体に無敵状態を付与(1ターン)
&スター大量獲得(50個)

最終戦は、開幕と同時に味方へNP50%チャージやHPアップ、回復量アップ、攻撃力アップなどのバフが付与されます。
ただ、リンボはゲージフルの状態だとかなり硬く、クリティカルと宝具への特殊耐性を持っています。
クリティカルへの耐性は1ブレイク、宝具への耐性は2ブレイクでそれぞれ解除されます。
なので、1ゲージを早く割ってしまうために大具足スキルを開幕から活用していきましょう。

リンボの通常攻撃は全体攻撃であり、アルターエゴのためサポート役で入れているキャスターはかなりダメージを受けることになります。
また、高確率で使用してくるスキルは、カード燃焼という特別な状態を付与するものになります。
これは各コマンドカードに付与されるもので、対象カードを使用するとHPが減少してしまいます。
ただ、付与されたカードには燃焼エフェクトが掛かるのでわかりやすいです。

また、厄介なのはカード燃焼状態が6つ以上になると付与される呪殺の符
これは、宝具による攻撃を受けた時に確定で即死となる恐ろしい効果を持っており、状態異常として解除することは不可能です。
なので、それを防ぐには、カード燃焼状態をこまめに解除していくしかありません。
幸い、大具足スキルの弱体解除はCTが3なので、バンバン使っていけます。

リンボは1ブレイクでこちらのカードを1種類封印してきますが、こちらも大具足スキルで解除が可能なので大したことはありません。
また、2ブレイクで毎ターンチャージ増加となります。
リンボはチャージも3と短いので、宝具の回転率が高くなります。2ブレイクしたら速攻で勝負を仕掛けるとよいでしょう。

スポンサードリンク

FGOの5.5章ネタバレまとめ!ストーリーの内容や攻略解説!のまとめ

FGOの5.5章ネタバレまとめ!ストーリーの内容や攻略解説!、いかがでしたでしょうか?
筆者も日曜にクリアしましたが、ようやっとリンボとの決着もついてほっとしています。
ストーリーもメインストーリーの中では比較的短い方だったので、まさに5.5章という印象を受けました。
渡辺綱が実装されたことにより茨木童子の掘り下げもされましたが、真実はまだわからないので今後のイベントや幕間に期待が膨らみます。

そして、いよいよ6章のタイトルなども明らかになりました。
6章実装はまだまだ先ですが、それまでに実装されるだろう新イベントを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました