白夜極光のガチャは単発と10連のどっちを引くべき?特徴を解説

白夜極光,ガチャ,単発,10連白夜極光

ソーシャルゲームのガチャは1回だけ引く単発ガチャと10回連続で引く10連ガチャでそれぞれ特徴がある場合があり、どちらの引き方で引けばいいのか困るユーザーも多いようですね。

もちろん白夜極光にもガチャがあるので、単発と10連の引き方はあるのですが実際のところどっちの引き方で引くべきと言えるのでしょうか?

そこで今回は白夜極光のガチャの引き方は単発ガチャと10連ガチャのどちらで引くべきなのかについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

ガチャは単発と10連のどっちを引くべき?

白夜極光,ガチャ,単発,10連

では実際のところ白夜極光の単発ガチャと10連ガチャはどっちを引くべきなのでしょうか?

これについてははっきりと言ってしまうと、白夜極光のガチャは単発でも10連でもどっちで引いてもいいとしか言えません。

冒頭でも少し触れた通りソーシャルゲームのガチャは引き方によって特徴や特典がある事がありますが、白夜極光のガチャにはそういったものがありません。

単発ガチャは1回ガチャと引くのみですし、10連ガチャも10回連続でガチャを引くと言う事以外の意味を持たないのでどちらで引こうと損にも得にもならないのです。

その為ガチャの引き方については基本的にユーザーの好きな方で回してもいいのではないかと思います。

スポンサードリンク

最低保証について

白夜極光,ガチャ,単発,10連

では他のガチャに関係するシステムとの兼ね合いを考えるとどうなのでしょうか?

これについては白夜極光のガチャに設定されている最低保証の事を考えると単発ガチャを引くべきと言えるのかもしれません。

白夜極光のガチャには50連まで最高レアリティの星6キャラが排出されないと、その後のガチャから1回ごとに星6の排出率が2.5%上がっていくという最低保証が設定されています。

星6の元々の排出率が2%なので確実に排出されるには90連ガチャを回す必要があるのですが、確率的にはそこまで到達する前に星6が排出される可能性が高いです。

星6が排出されれば最低保証のカウントはリセットされるので、50連超えた後に10連を回してリセットされるより単発でリセットされた方がその後の最低保証につながりやすくなるのです。

つまり50連まで星6が出なかった場合、その後のガチャに関しては単発にした方がいいという事になるでしょう。

スポンサードリンク

ガチャに対してユーザーの反応は?

単発ガチャにも10連ガチャにも特典というものがないので、ユーザーは自分の好きな引き方でガチャを引いているようですね。

最低保証の事を考えると単発ガチャを優先するべきではありますが、任務の中に10連ガチャに関するものがあるので少しは手を出してもいいのかもしれません。

ただ任務達成で貰える報酬もそこまでいいものというわけではないので、正直気分で引き方を変える位の考えでもいいと思いますよ。

ここで特別に無料で光珀を大量に入手できる方法をあなただけにご紹介致します!

ガチャを楽に沢山回す方法は「課金」しかないかと思います。

しかし、「課金し続ける事はキツイ・・・」と感じていませんか?

筆者は課金を続ける事が困難になってきたのでお得にガチャを回す方法は無いか?とリサーチした所、>>無料で光珀をゲット出来る方法を見つける事が出来ました!

この方法は、今ならキャンペーンを行っており最大5000円分以上の課金ポイントを入手する事も可能となっていますので今登録をしないと損してしまいますよ

なお利用者が急増していることもありこの方法がいきなり使えなくなってしまう場合が考えられるので今すぐ試すことをお勧めします。

詳しい詳細は以下のボタンをクリック!!

↓SNSアカウントで簡単登録↓

>>無料で光珀を入手する

Δ最短30分で光珀をGETΔ

スポンサードリンク

白夜極光のガチャは単発と10連どっちを引くべきかのまとめ

この記事では白夜極光のガチャは単発と10連どっちを引くべきかについてまとめてみたのですが参考になりましたでしょうか?

今回の記事の内容をまとめると

・白夜極光のガチャは単発にも10連にも特徴や特典が無いのでどちらの引き方でもいい

・最低保証の事をかんがえると50連で星6が出なかった時はその後単発にするべき

という結論になりました。

ガチャの引き方はどのソーシャルゲームをプレイしていても気になるところだとは思いますが、白夜極光に関してはそこまで気にする必要はありません。

唯一最低保証が絡んできたときだけ単発にした方がいいと覚えておけばいいので基本的に好きな引き方でガチャを回せばいいと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました