原神のたたら砂に入れない場合は?行き方やギミック攻略について解説

原神 たたら砂 入れない原神

みなさんは原神の稲妻のマップをどれだけ探索できたでしょうか?

神無塚の陸地にて透明の壁が存在し、内部のたたら砂へ入れないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

壁をひたすら沿ってどこかに抜け道があるだろうと探した方も少なくないと思います。

この透明な壁を無効化しない限り、たたら砂のマップへは到達できません。

そこでこの記事では、原神のたたら砂に入れない場合はどうすべきか?行き方やギミックについての解説をまとめました。

スポンサーリンク


たたら砂に入れない原因は?

原神 たたら砂 入れない

では、どのような方法でたたら砂に入るのでしょうか?

結論として、たたら砂へ到達するためには世界任務「たたら物語」を進行させる必要があります。

また、この世界任務を開始するためには前提としてメインストーリーである魔神任務もある程度進行させなければなりません。

世界任務を進行させ、透明な壁を破壊することによって内部へと侵入することができるようになります。

次の見出しで方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク


行き方について

では、具体的にたたら砂に入るためにはどうするべきでしょうか?

まずは大前提として、たたら砂が存在する陸地の神無塚へ到達するためには魔人任務第二章・第一幕に含まれる「離島脱出計画」をクリアする必要があるため、クリアしていない場合はまずそちらを済ませましょう。

任務をクリアしていれば、「たたら物語」の世界任務を始められるようになります。

まずは「たたら物語」発生場所について確認しましょう。

「たたら物語」発生場所

原神 たたら砂 入れない

たたら砂へ侵入するための世界任務、「たたら物語」の発生場所は神無塚の陸地内に存在する九条陣屋となります。

この九条陣屋内に言い争っている虎之助、幸というキャラクターが存在し、この二人に近づくことで自動的に世界任務が開始されます。

この「たたら物語」は全部で8つの世界任務で構成されておりますが、たたら砂へは一つ目の任務の最中から入れるようになるため、すぐに完了するでしょう。

また、余談ですがこの一連の任務は毎朝5時にならないと次の任務が解放されない方式となっているため、一気に8つ全ての任務は攻略できません。

任務を全てクリアすることによって、たたら砂内部のスリップダメージが発生するギミックが解除され、探索しやすいようになるため、毎日忘れずに行っておきましょう。

No世界任務名
1たたら物語
2偵察が最優先事項
3浄化装置
4データ大収集
5プロセス第一
6機能性テスト
7最終準備
8終幕

壁の破壊方法

原神 たたら砂 入れない

では、本題となる壁の破壊方法について見ていきましょう。

世界任務進行中に大砲を用いてたたら砂の周りを囲む壁を破壊するフェーズがあり、この大砲を用いることで、たたら砂へ侵入できるようになります。

大砲は近くに存在する雷の種を持った状態、もしくは雷元素付与状態で使用可能となります。

大砲の操作は少し難しくなっており、大砲を上下左右に移動させ、壁のひびのある箇所へ上手く弾を衝突させる必要があります。

その一点以外の箇所へあてても壁は破壊されません。

また、大砲は全部で3つ存在し、全ての大砲を使用しなければ壁を完全に破壊できないため、注意しましょう。

スポンサーリンク


ユーザーの反応

たたら砂へ入れずに困っている方々や、既に侵入方法を知っている方もいらっしゃいますね。

世界任務を進行させないと入れないエリアというものがそもそも原神ではめずらしいため、余計に入り方が分かりづらくなっている部分も大きいのではないでしょうか。

たたら砂にも神の瞳や宝箱、ギミックなどが多数存在しているため、早めに壁を破壊して内部の探索を行いましょう!

スポンサーリンク


原神のたたら砂に入れない?のまとめ

この記事では、原神のたたら砂へ入れない場合はどうすべきか?行き方やギミックについての解説をしましたが、いかがでしたでしょうか。

まとめると以下の内容になります。

  • 大前提として、魔人任務第二章・第一幕を進行させる必要あり
  • 世界任務「たたら物語」を開始する
  • 「たたら物語」最中の大砲を用いてたたら砂周囲の見えない壁を破壊する

初見だと透明な壁に阻まれて侵入できない箇所が存在することに驚いた方もいらっしゃるでしょう。

侵入方法さえ分かってしまえば、それほど手間もかからずに簡単に侵入できるようになります。

内部も探索しがいのある立体的なマップとなっており、キャラ育成素材なども多数存在しているので早めに任務の攻略を行ってしまいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました