まどマギのアニメで謎についてと伏線のシーンや意味についてまとめ!

Walpurgisnachtまどマギアニメ

この記事ではアニメ「まどマギ」内で謎とされる部分の考察や伏線とされるシーンについてまとめました。

よく分からないと言われることの多いまどマギのストーリーについて伏線などを簡単にまとめていこうと思います。

まどマギのアニメを一度見たけどよく分からなかったという方や、まどマギを流し見てしまってどんな伏線や謎があったのか分からなかった方に見ていただきたいと思います。

スポンサーリンク

まどマギのアニメの謎とは?

おそらくアニメ「まどマギ」の一番の謎であるワルプルギスの夜についてまとめました。

ワルプルギスの夜のモチーフは?

北欧の春祭りであるバルティナの前夜祭のようなものであります。

ハロウィンとこの祭りが、一年に二度ある大きな季節の行事となってます。

ワルプルギスの夜には、悪魔や魔女やその崇拝者が集会し、街に跋扈すると伝えられてきました。

国ごとに火を焚いたりするといった、それぞれの風習が存在します。

今では、一種のイベントのようになっているワルプルギスの夜ですが、その様子は写真越しでもすごいもので、いつか現地に見に行ってみたいですね。

アニメ「まどマギ」内でのワルプルギスの夜は?

アニメ「まどマギ」内や公式の紹介で明らかになった情報をまとめますと

  • 規格外の魔女である
  • 強すぎるがゆえに結界に隠れる必要がない
  • 性質は無力
  • 伝説になるほど今までも何度も繰り返し出現している
  • 別名「舞台装置の魔女」
  • 全長は200~400m
  • 一般人には大規模な自然災害として認識される

ここにあります通り、規格外の強さの魔女である点、何度も出現しているという点が普通ではありません。

性質が無力であるという点や歯車、機械仕掛けといった魔女の見た目、『繰り返し』出現するという点から一時期は際限なく時間遡行を繰り返した暁美ほむらの成れの果てという話もよく論じられてました。

しかし、実際のところはかつて1体だった魔女が他の魔女の波動を取り込んだことで強大化したという裏設定のようです。

スポンサーリンク

まどマギに隠された伏線とは?

ここでは、アニメ「まどマギ」内に隠された伏線をいくつか紹介していきたいと思います。

魔法少女の願いと固有魔法の関係は?

まどマギのアニメで謎についてと伏線のシーンや意味についてまとめ!

ここでは、魔法少女になる際の願いの内容その魔法少女が手に入れる固有魔法、そしてその関係についてまとめました。

巴マミ

幼少期に交通事故に巻き込まれ、家族ともども瀕死の状態になり、その際ただ「助けて」と願いました。

そしてその願いの結果として自分だけが助かり、マミは命を繋ぐリボンの魔法を会得しました。

  • 願いの内容:「(事故から)助けてほしい」
  • 固有魔法:「拘束」

この時、ぼんやりと願ったがために家族が助からず、自分だけが助かった。

このことの反省として、まどかやさやかが魔法少女になりたいといった際はきちんと願いを考えてくるようにと言ったんでしょうね。

美樹さやか

幼馴染で天才バイオリニストである上条恭介の腕のけがを治したいと願いました。

そしてその願いの結果として恭介の腕のけがが治り、さやかは治癒魔法を会得しました。

  • 願いの内容:「恭介の腕を治してほしい」
  • 固有魔法:「治癒・痛覚遮断」

最初は治癒魔法しか自由に使うことができませんでしたが、恭介の腕のけがは痛みを伴うものだったので、痛覚を消す能力に目覚めることの伏線だったのかもしれませんね。

佐倉杏子

神父である父親は正しいことを言っているのに、教典以外のことまで説くようになり、破門される。

しかし、父親は正しいと信じていた杏子は、父親の話に少しでも耳を傾けてほしいと願いました。

そしてその願いの結果として父の教会には人がたくさん押し寄せ、杏子は幻惑魔法を会得しました。

  • 願いの内容:「父の話に耳を傾けてほしい」
  • 固有魔法:「幻惑」

ただし、魔法少女であることが父にばれ、父は自暴自棄になり家庭が崩壊しました。

そのことに責任を感じ、幻惑魔法が使えなくなっています。

暁美ほむら(アニメ)

親友であるまどかがワルプルギスの夜に殺されるのを目の当たりにし、魔法少女やキュウべえの正体を知ったまどかがほむらに「魔法少女になる私を止めて」と頼みました。

その言葉を受けほむらは、まどかとの出会いをやり直したいと願いました。

その願いの結果として砂時計の盾を手に入れ、時間遡行と時間停止の魔法を会得しました。

  • 願いの内容:「まどかとの出会いをやり直したい」
  • 固有魔法:「時間操作」

 

暁美ほむら(アニメ最終話後)

まどかが『円環の理』になったことで世界からまどかの存在が抹消されてしまいます。

また、もともとの願いの対象であったまどかが世界から消滅したことで、またまどかを忘れたくないと願ったがために願いが変わりました。

そしてその願いの結果としてアルティメットまどか改変後の世界でもまどかの記憶を持ちつづけ、記憶を操作する魔法を会得しました。

  • 願いの内容:「まどかを忘れたくない」
  • 固有魔法:「記憶操作」

このことは、アニメのエンディングでもかすかに分かりますが、映画や漫画編で詳しく描かれています。

鹿目まどか

ほむらがワルプルギスの夜に追い詰められ、また魔法少女の運命を知り、希望をもたらすはずの魔法少女が悲しむのが許せなかったまどかは、この世のすべての魔女を生まれる前にこの手で消し去りたいと願いました。

その願いの結果として、世界の構成や魔法少女を救済するという魔法を会得しました。

  • 願いの内容:「この手で魔女を生まれる前に消し去りたい」
  • 固有魔法:「世界の構築」

「この手で」という言葉には序盤からずっとまどかが自分に劣等感を抱いていたことの裏返しであり、かつこの言葉があったがためにまどか自身が『円環の理』になるという結末になったのでしょう。

ちなみに、初めてまどかが魔法少女になったときは車に轢かれた黒猫を助けたいと願いました。

ゲーム「マギアレコード」ではマギア(必殺技)に治癒魔法をもらっているので、やはりどの世界戦でも、他者を助けるような治癒魔法が主だったのではないでしょうか。

作中では願いの内容が先に分かる場合と固有魔法が先に分かる場合どちらもありますが、その二つがよく似ているということで先の展開への伏線となっていますね。

魔法少女とは何か?

このアニメのメインテーマである魔法少女は、キュウべえが9話にて、

「この国では成長途中の女のことを『少女』って呼ぶんだろ?
…だったらやがて『魔女』になる君たちのことは『魔法少女』と呼ぶべきだよね。」

と言っていました通り、将来魔女となる存在であります。

私はこのキュウべえの言葉がゾクゾクして最高に好きなのですが、魔法少女という言葉でさえ伏線になっているのは流石ですよね。

また、魔法少女は純粋で子供の、魔女は穢れた大人の象徴であるような描写であるのに、魔法少女になるためには何か一つ願いを叶えないといけないという矛盾であったりや大人がまどかのママやパパ、学校の先生しか出てこないような点にも何か演出上の工夫が感じられますね。

OP「コネクト」に込められた意味とは?

このコネクトは、ほむらの過去編である10話ではEDとして使われていることからも分かるように何度もまどかを助けるために時間を繰り返すほむらの心情を歌った歌ですが、隠された伏線はそれだけではございません。

サビ前に出てくるピンク髪の少女は『円環の理』となったアルティメットまどかです。

また、OP最後にまどかが抱いている黒猫は前述したまどかが助けた車に轢かれた黒猫でないかと思います。

となるとこのOP全体がまどかの身に起こったことのダイジェストかもしれません。

OPから、このような伏線や楽しい要素を詰め込むのも「まどマギ」が人気の秘密かもしれませんね。

スポンサーリンク

まどマギに隠された伏線や謎のまとめ

これまで、アニメ「まどマギ」に隠されたさまざまな伏線や謎について解説しましたがもう一度まとめたいと思います。

  • ワルプルギスの夜は魔女の集合体
  • 『願い』と『固有魔法』には大きな関係がある
  • 魔法少女はいずれ魔女になる
  • コネクトの歌詞はほむらの心情を歌ったもの、ムービーはまどかに起こったこと

ということです。

細かな設定や伏線がたくさんあり、何回も見たくなるようなストーリーです。

事実私は、もう何度も見直してますし、見直すごとにまたいろいろ発見できますね。

続編である新編『叛逆の物語』も面白いので、ぜひ見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました