まどマギのアニメで最後ほむらはどうなる?ハッピーエンドになるか解説

まどマギのアニメで最後ほむらはどうなる?ハッピーエンドになるか解説まどマギアニメ

この記事ではまどマギのアニメで最後ほむらはどうなる?ハッピーエンドになるか解説していきたいと思います。

ネタバレを含みますので閲覧される際はご注意ください!

アニメ「まどマギ」の最後が気になる方や、ほむらちゃんが好きな方でまだちゃんと知らないという方に解説していけたらと思います。

そして、どのように新編『叛逆の物語』へと繋がるのかについても解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アニメ「まどマギ」最終話でほむらはどうなった?

まどマギのアニメで最後ほむらはどうなる?ハッピーエンドになるか解説

ここでは、アニメでのほむらの最後についてまとめました。

最終話、『ワルプルギスの夜』戦にて

最終話以前にキュウべえの指摘を受け、自分が時間遡行をしたせいでまどかの魔法少女としての力が強まったということを自覚してしまいます。

その後、一人でワルプルギスの夜に挑み、敗れてしまうが、このままではまどかが魔法少女になってしまうこと、しかし時間遡行すれば次の時間軸のまどかがさらに苦しむことになるということとのあいだで板挟みになり、何も出来なくなり、ソウルジェムを急激に濁らせてしまいました。

そしてまどかが魔法少女の救済と引き換えに魔法少女となり、ワルプルギスの夜は消滅し、ほむらは助かりました。

最終話『ワルプルギスの夜』戦後にて

まどかは『円環の理』という魔法少女救済のシステムへと高次化してしまったために人間としての存在を失い、世界は『まどかのいない世界』へと作り替えられました。

ほむらはその様子をある種の世界の改変能力を有するために世界が作り替えられる様子を一部始終を見て、その上まどかが居なくなった世界でまどかを覚えているたった一人の人間になってしまったがために、まどかとまどかが守ったこの世界に異常なまでに執着するようになりました。

そして、TV版ラストシーンではまどかが守ったこの世界を守るためにほむら自身に穢れが溜まるのもかえりみず、魔獣に立ち向かっていました。

もしかすると、穢れきってはやく『円環の理』であるまどかに救済されたかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

最終話の後、ほむらはどうなった?

ここからは漫画[魔獣編]や劇場版 新編『叛逆の物語』のネタバレがございます。

改変後の世界で、ほむらはまどかを絶対に忘れないという想いから、固有魔法が時間操作から記憶操作に変化し、まどかからもらった赤いリボンと奇跡の力によって、使う武器は銃などの火器から光の矢を放つ黒い弓になりました。

しかし、インキュベーターに実験として外界からの干渉を防ぐバリア内でソウルジェムに穢れを貯めさせられ、自分の結界を作り出し魔女となってしまうのです。

スポンサーリンク

まどマギのアニメでほむらはハッピーエンドだったのか?

まどマギのアニメ全体としては、魔法少女は救済されたが、まどかは存在を失い、ほむらは親友を失いました。

物語としては幸せな最後ですが、二人の主人公が悲しい結末になっているので、メリーバットエンドといったところでしょうか。

ほむらにとっては生きる目的にすらなっていた唯一の親友を存在から失い、それでもまどかが守った世界を守らなくてはいけないというバットエンドになるのではないでしょうか。

この後に続く漫画や劇場版、そしてさらにその続編でほむらはいったいどのような物語を描くのでしょうか。

一応、まどマギの続編のコンセプトムービーなんかもありましたし、続編が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

まどマギのエンディングに対する視聴者の反応

まどマギ最終回でのほむらの演出はおおむね高い評価を得ているようですね。

まどマギ自体が魔法少女ものとは思えない程救いがないアニメですが、最終回の解釈はどちらともとれるような印象でした。

更なる続編でハッピーエンドになるのかも非常に気になるので、是非早く続編を出してほしいですね。

スポンサーリンク

まどマギのアニメで最後ほむらはどうなる?ハッピーエンドになるか解説のまとめ

これまでまどマギのアニメで最後ほむらはどうなる?ハッピーエンドになるか解説してきましたが、内容をまとめますと、

  • ワルプルギスの夜をほむら自身が倒すことはできなかったが、まどかに救われた
  • まどかが『円環の理』になった後でも、まどかの記憶を持っていた
  • 武器は黒弓に、固有魔法は記憶操作になった
  • まどマギ全体としてはメリーバットエンド、ほむらにとってはバットエンドだった

というような感じです。

筆者としてはかなり衝撃的な結末でしたが、もう一度最初からアニメを見たくなりました。

見れば見るほど新たな発見があるアニメだと思いますので、何度か見返すと新たな発見があるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました