FGOのアニメで21話の感想とネタバレ!衝撃の結末や続編示唆はある?

FGOアニメ

この記事は、FGOのアニメで21話の感想とネタバレ!衝撃の結末や続編示唆はある?についてまとめました。

FGO「絶対魔獣戦線バビロニア」の放送が2020年3月に終了しましたが、その結末はどのようなものだったのでしょうか?

アニメをまだご覧になっていない方や途中までしか見ていないという方にとってはとても気になることだと思います。

そこで今回は、FGOのアニメで21話の感想とネタバレ!衝撃の結末や続編示唆はある?というタイトルで記事を作成しました。

FGOのアニメに興味がある方は是非ご覧ください!

スポンサーリンク

FGOのアニメ第21話の感想

FGO「絶対魔獣戦線バビロニア」の第21話を見た感想は、

終わりと始まりが感じられる悲しくも希望のある最終回でした。

様々なものを犠牲にして失いながらも、それでも前を向いて新たな旅を始めようとする傲慢な人間の逞しさはまさに「夜明け」に象徴されていて、とても綺麗な終わり方だったと思います。

また、ギルガメッシュが過去の経験をもとに人の歴史について語っている様子はまさに人を導き、時に背中を押す王の風格を感じてとても勇気づけられました。

スポンサーリンク

第21話のネタバレ

では第21話の内容をネタバレしていきたいと思います。

藤丸達の目覚め

前回の第20話で、サーヴァントとなったギルガメッシュがティアマトに止めを刺し、ビーストIIとの長くて厳しい戦いは幕を閉じます。

冥界は崩落し藤丸達は気を失ってしまいます。

次に目を覚ました時に二人は星空に包まれたバビロンの町周辺にいました。

ケツァル・コアトルとジャガーマンとの別れ

ケツァル・コアトルとジャガーマンに再開します。

どうやら冥界の崩落から二人を助けてくれたのは彼らだったようです。

藤丸たちはアステカの神二人と色々な言葉をかわした後に別れを告げます。

ケツァル・コアトルがマーリンに関節技を決めるところは見てみたかったです(笑)。

イシュタル、マーリンとお茶会

ウルクの「カルデア大使館」へと戻ったら今度はイシュタルとマーリンがそこにいました。

4人はお茶を飲みながらティアマトとエレシュキガルの話やお互いのこと、そしてこれからのことについて話に花を咲かせます。

いなくなった人たちについて話す場面は少し切なかったですが、マーリンとロマニの掛け合いはとても面白かったです(笑)。

マーリンは藤丸達のよい旅を願いながら理想郷へと戻っていきました。

ギルガメッシュの回想

ギルガメッシュとエルキドゥが話しているシーンが挟まれます。

友と話すギルの声はとても優しいもので、何だかとても新鮮でした。

本当に大切な過去の一幕だったことが感じられます。

ギルガメッシュと藤丸達の対面

藤丸達はジグラットに向かいギルガメッシュと対面します。

廃墟と化し滅亡したウルクを見て藤丸は死者に対する悲しみと己の無力さを痛感しますが、ギルガメッシュから激励の言葉が掛けられます。

顔をあげよ、藤丸立香!

たとえ貴様がこの時代で、己が無力を嘆いたとしても!!我が認めよう!!

お前こそが必要なものだったと!!

この先、どれほどの窮地が待っていようとお前は

ただそこに立つだけで「正しい」のだ…」

とてもためになる言葉です。

そしてとうとうカルデアに戻る時間になり、ギルガメッシュが麦酒と称して聖杯を藤丸達に渡し、それに対して皆は大騒ぎ。

一番肝心なものは王の宝物庫の中にあったようです。

最後にギルガメッシュの「このウルクは…、どうであった?」という質問に藤丸とマシュが「「楽しかったです!!」」と答えます。

ここに、一つの旅「第7特異点 絶対魔獣戦線バビロニア」は終わりを迎えました。

スポンサーリンク

衝撃の結末や続編は?

衝撃の結末や続編はあるのでしょうか?

衝撃の結末はなかったと思いますが、続編の示唆はありました。

藤丸とマシュの二人がカルデアに戻ってすぐに、ロマニからついに人類滅亡を企てる黒幕であるソロモン王との対峙が告げられました。

次に向かう場所は、「終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」です。

ソロモンは第四話の冒頭の回想シーンで少しだけ登場し、特異点を7つ修復すれば相手になってやると藤丸達に告げて去っていきました。

この物語は次のステージへと進んでいきます。

そしてなんと、「終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」のアニメ化が決定しています。

続きはゲームで見ることになるのかと思いきやアニメで放送してくれるそうです。

ソロモンのアニメ化はバビロニア編以上に難易度の高いものになりそうですが、スタッフの方々に期待しましょう!

スポンサーリンク

FGOのアニメで21話の感想とネタバレ!衝撃の結末や続編示唆はある?のまとめ

今回は、FGOのアニメで21話の感想とネタバレ!衝撃の結末や続編示唆はある?についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

本記事の内容は以下の通りです。

・FGO「絶対魔獣戦線バビロニア」の21話は悲しくも希望に溢れた最終回だった。

・FGOバビロニア編の続編は「終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」で、アニメ化が決定している。

FGOはゲームが原作だということもありアニメ化する上で難しいところもあったとは思いますが、この作品は初回から最終回までの全体を通して高クオリティで、作画、キャラクター、戦闘シーンなど様々な点で楽しめるものだったと思います。

この機会に是非皆さんも感動の結末目指してアニメを視聴してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました